FC2ブログ



真以さんのところで受講した
ゴールデンナンバーの続き
詳しくは潜在数秘協会ブログへ

無限の空から始まり
地と火と風のエネルギーを受けて
アクティブに進んできたところで

今日は五大元素の最後
水は具体的な形を構築する
完成の状態を作るエネルギー

水は個体、液体、気体と
性質を変えることができる
変転自在の性質を持ち

他のものをとかして受容し
そしてさらさらと流れる
変容と受容と流動

そこにとどまることなく
固執することもなく
構築されたものが現実化する

どんな風に現実化するかは
数字によって違ってくる

その人の水のエネルギーが
やり方を教えてくれる

この五大元素を活かす数字は
みんなそれぞれ持っていて
コアナンバーと共鳴し合う

全てが美しく共鳴し合った時
ゴールデンナンバーという状態

この状態をコントロール
できるようになればもう無敵!

この状態がずっと続くと
ものすごく疲れそうだが。。。(笑)

目的を現実化させるための
最強のエネルギーである
このナンバーを読むことで

自分の価値観や行動の源
自分の持つエネルギーの使い方
行動や在り方が明確になってくる

まだまだ見えないことはあるが
探しものが見つかったような
そんな気持ちになった

これでそろそろ自分探しの旅に
終止符と打つことにしようと思う




2018_10_18


真以さんのところで受講した
ゴールデンナンバーの続き
詳しくは潜在数秘協会ブログへ

無限の空から始まり
地は目的を現実化するための
イメージを生むエネルギー

今日はその続きから
火はそのイメージに生命力と
活力を与えるエネルギー

火のイメージ通りの意味
火が助けになるという方が
イメージしにくいかもしれないが

火というアクティブなエネルギーが
その数字の要素を持って
生命力と活力を与えてくれる

デスティニーナンバーに
この火のエネルギーが加わり
より行動が活発になる

どんな風に活力を与えるかは
数字によって違ってくる

その人の火のエネルギーが
やり方を教えてくれる

そして今日はもう1つ
風は周りを動かし影響を与え
どんどん拡大していくエネルギー

風のイメージ通りの意味
風が吹いて後押ししてくれる
ソウルナンバーと絡み合う

風というアクティブなエネルギーが
その数字の要素を持って
周りを動かし広がっていく

数秘の世界だけではなく
自分の力だけでは願いは叶わない
周りの力が必ず必要

どんな風に周りを動かすかは
数字によって違ってくる

その人の風のエネルギーが
やり方を教えてくれる

続きはまた明日
明日は最後の水のエネルギー




2018_10_17


真以さんのところで受講した
ゴールデンナンバーの続き
詳しくは潜在数秘協会ブログへ

ここで書くことは
上記ブログで公開されていること
一般的に言われていることになる

講座の内容でなければ
暴露でもないのでご承知おきを

コアナンバーの役割は
もともとの現代数秘術の
捉え方とあまり変わらない

LPは基本的な考え方
Dは動き方
Sは内なる欲求

これが旨く働かないから
みんな悩んでいる

それを繋いでくれるのが
地・水空の5つで
世界を形作るとされた元素

五大元素については
詳しくはWikiってみるか
ネットサーフィンしてみて

この5つを数字に置き換える
この数字達が5つの元素の
性質に応じて働く

5つの元素それぞれが
それぞれのコアナンバーに
働きかける力がある

空は無であり全て
無限である大いなるもの
偉大なものなのだが

ゴールデンナンバーは
目的を具現化するための
最強ナンバーだから

空はナンバーには影響しない
ここは気にしなくていい

地は目的を現実化するための
イメージを生むエネルギー

数秘術かどうかにかかわらず
イメージできないことを
現実化するのはなかなか難しい

イメージすることさえできれば
現実化しやすいということ
漠然としていては前に進まない

LPに絡む地のエネルギーが
デスティニーナンバーに影響し
目的を具現化する行動が生まれる

どんな風にイメージするかは
数字によって違ってくる

その人の地のエネルギーが
やり方を教えてくれる

もちろんやるのは自分
自分のエネルギーとして
それを理解し、受け入れること

続きはまた明日
明日は火のエネルギー









































2018_10_16


昨日、真以さんのところで
また1つ講座を受講した
実は一番受けたかった講座

ゴールデンナンバーとは
潜在数秘術協会のオリジナル
他では見たことがない数字

自分の人生のデザインには
数字の基本的な読み方と
ゴールデンナンバーで十分!

個人的な見解だが
これ以上、他に見る必要が
ないんじゃないかと思うぐらい

最初に「大いなるすべて」と
壮大な言葉があるが
それは気にせず内容重視(笑)

見る数字は全部で8つ
ライスパス、デスティニーと
ソウルナンバーに加えて

五大元素を数字に置き換え
全て合わせて流れを読む

3つのコアナンバーが
旨く作用しあって初めて
思いが叶う

どうしたら思いが叶うのか
どうしてうまくいかないのか
何がダメなのか。。。

どうして迷いや葛藤が
なくならないのか。。。
まあ、なくなりはしないけど。。。

自分が持つ数字の中にある
相性の良くない数字同士は
どうやってバランスをとるのか

相性のいい数字同士は
どう共鳴し合うのか

自分が最大限に能力を発揮し
心が満たされるようになるには
どんなエネルギーが必要なのか

そのエネルギーはどの場所で
どんな風に影響するのか

これを1つずつ全て読み解く
その結果、自分の能力が
最大限に発揮される状態を知る

その状態が作りにくいなら
何をどう意識したらいいのか

これだけ分かるのだから
これだけ勉強すれば十分!
もう何もいらない(笑)

長くなるから今日はここまで
公開出来ることは限られるが
続きはまた明日。。。







2018_10_15


ダビンチのよく見る図にある
ウィトルウィウス的人体図
5の説明の時によく使われる

古代エジプトでは人間の霊魂は
5つの要素からなると信じられていた
いわゆる体の要素だけではない

影や名前なども含まれる
出生時に与えられた名前は
話される限り魂は生き続ける

名前は魂の一部とされていた
だからカルトゥーシュという
魔法の縄で名前を囲み保護した

それほど名前は重要なものだった
数秘で名前は人の3面を表す
人生を導いてくれるもの

名前が変わっているなら
そこにも意味がある
変わった後の名前も大切

でもまずは、最初の名前
生まれた時に与えられた名前

小さい頃に名前が変わった人は
3歳ぐらいまでに変わったなら
変わった方の名前

名前が複数ある人はよく使う方
自分が気に入っている方を
まずはよく知ること

そこがしっくりきたら
他の名前も見てみるといい

後から付けた芸名のような名前も
意味を持っているから
そこにその名前の使命もあるから




2018_10_02


1つの作業をするときに
その人の特徴が出るのだが

ライフパスナンバー(LP)意外に
ディスティにーナンバー(D)や
ソウルナンバー(S)の場合も

LPがメインナンバーとはいえ
LPの特徴が出るとは限らない
Dの特徴が強く出る場合もある

当然、Sが強く出る場合もあって
3つの内の2つあるいは3つの
特徴が合わさって出ることも

自分の場合は。。。
不得意な作業の時はDが前に出て
面倒だからさっさと終わらせようと
雑になってミスが起こりやすい

細かい作業はときにはDだが
ときにSが顔を出し
不必要に時間をかけてしまう

LPはどこへ行ったのか。。。
事務処理をしている時は
どうもS4がメインで働いている

人といるとLPよりは
どうもDでいる時が多い気がする

ここまでくるとどうも
LPをうまく使えていないような
そんな気もするが

はたから見るとLPがしっかり
出ているようで。。。
そして変わり者Pも主張している

結局のところきちんと数字が
生かされているということ

数字を気にしなくても実は
ちゃんと数字を旨く使って
生きている!





2018_09_14


どこでもよくある相性占い
以前の記事でも少し書いたが
よくある相性はLPの数字で見る

LPの数字が同じだと
相性が良いと判定される
果たして本当か。。。

これはひとそれぞれ読み方が
いろいろあるだろうから
私の個人的見解として。。。

もちろんLPが同じということは
ものの見方や価値観が似ている
確かに相性はいいはず

Dが同じなら同じ方向を向いて
目指す方向性が同じだから
ある意味相性はいい

Sが同じなら。。。心の底から
求めているものに共感できる
精神的な結びつきが強いかも

こう見るとSが同じなら
他のどのナンバーが同じよりも
相性がいいのではないかと感じる

じゃあ、全部同じ数字ならいいか
ある意味大変だろうなあ〜
自分が2人みたいなことになると

全部同じでも喧嘩することも
当然あるだろうし
うまくいかない場合もある

数字だけでは解決できない
人間が持つ複雑さ。。。(笑)

数字よりも人間の方が
ずっと面白いのかもしれない





2018_09_13


カバラ数秘術と現代数秘術では
メインになるナンバーは同じだが
数字の扱い方が結構違う

カバラ数秘術では
過去ー現在ー未来
この3種類の数字を見る

どこから来て
今どこにいて
どこへ向かうのか

そう見るらしい。。。
かっこいい〜
すごい読み方だ

3つの数字でこれなら
ある意味分かりやすい

現代数秘術の8つの数字と
いつも別に見ていたが
今の自分自身を見ると同時に

過去から未来への流れを
一緒に見てみるのも
いいかもしれない





2018_09_12


Mentalist DaiGo氏のブログに
面白い記事が上がっていた

バッグの大きさで心理を見る
バッグの中身を見られたら
もっといろいろ分かりそうだが

大きなバッグを使う人ほど神経質
小さなバッグでどこにでも
出かけられる人は

自分の所有物を持ち歩かなくても
自分を保てて、自信を持って
行動できる人とのこと

自分の所有物とは。。。
自分が安心できるものらしい

LP8の人は荷物が多い
旅行の荷物にそんなものまで
持っていくのかと。。。

そんなことをしていたら
どんどん荷物が増えてしまう
どうも念のためが多いようだ

LP11の私は荷物は少ない
周りに「これだけ?」と
言われることも

ただし、大きバッグは好きだ
行き先で資料をもらっても
少々大きなものでも入る

荷物が幾つもに別れると
忘れてしまう。。。(笑)

神経質ではないが
これはこれでどうなのか(笑)

バッグが大きいと
結局たくさんものを入れて
バッグが重くなってしまう

神経質といえば7だが
過敏という意味では2もある
ペースを保ちたい神経質は4

神経質の種類が少々違うが
数字によってタイプの違う
神経質さがある

他の数字の影響もあるから
一概には言えないのだが
自分はどうか分析してみて






2018_09_11


潜在数秘術の講座を受けた
今回の先生は、先日
カフェ鑑定を受けたまいさん

自分の出来の悪さに
少々、気が滅入ったが
得るものは大きい

説明を聞く中で分かった
自分の数字のこと

今まで何となく
分かった気になっていた
分かってなかった部分

疑問だった部分
疑問でなかった部分
そういうことか。。。

同じベテランプロでも
自分が望んでいる答えを
くれるかどうかは別の話

以前、プロに見てもらった
特に質問したわけではない
ただ、自分を知りたかっただけ

素晴らしい鑑定だし
いろんなことが分かったし
特に不満もなかった

別の人から腑に落ちることを
たくさん聞いたから

まだまだスッキリしていない
腑に落ちないことがあること
それに気がついた

分からないと意識していなかった
気にしていなかったことが
いくつか分かったということ

特に疑問に思っていなかったから
言われなくても不満はないが

自分が気がついていない
知りたいことを相手が
教えてくれるという状態

これ、難しいが。。。
そういうことが見つかったら
かなりうれしい

今日は何よりそれが一番
うれしかった。。。
人のことより自分のこと(笑)

課題はいろいろあるが
自分がスッキリした日

人にそんな風に何かを
伝えられたらいいよね






2018_09_03


数秘術はいろんなタイプがあり
流派ではないけれども
計算方法が違ったりする

現代数秘術とカバラ数秘術では
扱う数字も違い捉え方も違う

パーソナルイヤーナンバーとは
数秘で見る9年周期の
個人周期のナンバー

パーソナルマンスナンバーとは
今月の個人ナンバーを見る

団体によって計算方法が違い
算出される数字が違う
よって今年のナンバーも違う

例えば私の場合、2018年8月は
現代数秘術では6の月
あるカバラ数秘術では3の月

私が採用している現代数秘術では
パーソナルイヤーナンバー+今月(8月)
私は7の年だから7+8=15=6

あるカバラ数秘術では
今年の年4桁+今月(8月)+LP(11)
私は、2+0+1+8+8+1+1=3

計算結果が変わってくるから
見る数字が違う

どちらが正しいとか間違いとかではなく
どちらもきちんと研究されているもの
自分がしっくりくる方を選べばいい

よくないのはどちらかを否定すること
良し悪しは人が決めるものではなく
本人が決めるもの

自分とスタイルが違うからといって
それが間違っているとか悪いとか

そんなことにとらわれることこそ
数秘で見てみるといいよね

それが気になる理由は何か
自分のどの数字の要素が
そこにフォーカスする要因か

カバラと現代数秘術では
そもそもできた目的が違う
捉え方が違って当たり前

せっかく数秘で何かを見るなら
そういう偏見は捨てたいね





2018_08_23


昨日の続き。。。
以前にも書いたのだが
数字にも相性がある

もちろん例外もあれば
当てはまらない場合もある
当てはまらない理由がある

基本的には
小さい数字は幼く
大きい数字は大人

これは結構分かりやすい
それと前にも書いたが
偶数と奇数

偶数は女性的
奇数は男性的

感情・感覚派
分析するより先に決めてしまう
1、3、5、6、8

理論派
文字通り理論派で常識的
2、4、7、9

直感派
理屈は抜き、ただひらめき!
11、22、33

だが。。。直感派には
7と9も入る
この2つも直感の数字

4つの次元に分けた時のこと
これについてはまたいつか
先になるけどここで紹介しよう

なんとなく自分の数字が
どのグループに入るか
感じられるだろう

ただ、これだけじゃない
結局、他の数字とのバランス
相性の良し悪しが変わる

加えて自分のバランス
その時の状況にもよる

苦手意識を持たず
数字の特性を知って
上手く付き合いたい






2018_08_03


今月は各数字の分析を
アップしていこうと思う
少しずつだけどね

アップするのはLP
ライフパスナンバー

他の団体では呼び方いろいろ
誕生数や運命数など

誕生日を足した数字のこと
生年月日を西暦で全て並べて
足して出た数字のこと

これがメインの数字
面倒な人はこの数字だけ
見るというのもあり

本当は少しは他の数字も
見て欲しいけど。。。(笑)

当たり前の考え方、行動パターン
ものの見方・捉え方、価値観
生まれ持った資質や生き様が現れる

自分の意外な才能を発見
方向性を見据える
計画が立てられる

こういったことにことに役立てたら
いいなあと思っている

ファンタジーなストーリーが
現実に結びつくといい

夢物語で終わらないように
自分の人生にちゃんと活きるように




2018_08_02


数秘術の種類は
数秘術師の数だけあると
言われているぐらい多い

多分、入りやすく
オリジナルとするものを
作りやすいのだろう

どこからをオリジナルと
いうかにもよるのだが(笑)

現代数秘術やカバラ数秘術
それ以外にも裏数秘など
◯◯数秘術がたくさんある

この裏数秘は個人的に
結構気に入っている
表現の仕方が好きだ

「魂の目的」という本がある
ダン・ミルマンという
アメリカ人作家の本

完全にオリジナルな数秘の世界
足し算は2回までして
どの数字になったか

だから12という数字もある
マスターナンバーはない

私は結構好きな本で
他とはちょっと違って
おもしろい

それぞれこれだと信じる
スタイルを確立した結果
こうなったのだろうが

占星術と違ってとにかく多い
いかに自分に合うスタイルの
数秘術を見つけるか

これはかなり重要
場合によっては全く
腑に落ちないなんてことも

納得いくまでいろいろ
試してみるしかない







2018_07_27


数秘で人を見たときに
知っているその人と
またはその人の印象と

どうも合わない、なんか違う。。。
この人の数字、間違ってる
なんて感じることがある

特に苦手なタイプは
こういう人という先入観を
持って見てしまっている

そして結局、数字が
当たってるか当たってないか
そこにフォーカスしてしまう

当たっているかどうかではなく
潜在的にどういう資質を持って
この世に生まれてきたか

どういうゴールを設定して
どういうシナリオを書いて

それが数字に表れている
本人がもつ最大限の可能性が
数字で示されている

よってその人の表面に見える姿や
本人がこれが自分だと思う姿ではなく
もっと内側にあるもの

残念ながら、今現在、ここで
その資質を最大限に活かして
生きているかどうかは別の話

その数字のネガティブな部分が
表に大きく表れていて

本来のその数字の恩恵を
受けていない人も沢山いる
その数字じゃないと感じる人だ

現代社会で、自分が一番自然で
ストレスのない状態で
生きていくのは結構大変なこと

自然な自分を隠して抑えて
生きている人が沢山いても
別におかしくない。。。

本当はおかしいけど。。。

できるだけ自然な自分で
ストレス少なく生きていく
数秘術はそのためのツールの1つ

これが占星術であっても
手相やタロットであっても

自己啓発本でやカウンセリング
ビジネスセミナーでも何でもいい

それをうまく活用できるかどうか
そっちの方が重要。。。





2018_07_04

相性問題

category: Numerology  

数秘術で相性を診断をする時
多くはLP同士が同じ数字
これが相性がいいと診断される

もちろんそれだけではないし
それが全てではない
違う診断をしている場合もある

数字同士の相性というのは
もちろんあるのだが

それだけで相性は語れない
相性が良くないとされる数字を
持つカップルは沢山いる

確かに、同じナンバーに
同じ数字を持っていれば
共感しやすい

LPが同じなら似た者同士
Dが同じなら同じ方向を向いている
Sが同じなら魂の欲求が同じ

もちろん、他の数字が違うから
全く同じ考えや価値観を
持っているとは言えない

同じ数字なら共感しやすい
違う数字ならお互いを補い合える
どう捉えるかということになる

自分の分析が終わったら
ちょっと気になるあの人や
ちょっとイヤなあの人も(笑)

こっそり分析してみたいね





2018_06_30


パーソナリティーナンバー(P)は
社会で自分がどう見られたいか
どう見せたいかを表すナンバー

よって資質としては持っていない
そう表現する数秘術師や団体が
結構多いと思うのだが

本当は資質として持っていると
自分は捉えている

人間の表面というのは
基本的には内面から
にじみ出るものだと想っている

内に持っているものが自然に
表面に浮き上がっているもの

よく美しさは内側から
にじみ出るものと言う

もちろん本人の努力もあるが
その努力も潜在的なものが
かなり影響しているはず

よってPナンバーも実は内に
多少は持っているもの
でなければ表面に現れない

ただの衣装ではないと捉えると
なかなかあなどれないナンバー(笑)

Pナンバーについてもいつもより
もう少しじっくり向き合って
感じてみるといい





2018_06_23


数秘で見る数字には自然に仲良く
なりやすい数字のグループがある

呼び名にはあまり馴染みがないが
コンコードと呼ばれている
(concords)

このコンコードを見るときは
誕生日の日を1桁に足して
その数字を見る

同じコンコードに属する人は
行動パターンが似ている
職場で相性がいい人がそれ

1、5、7のグループ
2、4、8のグループ
3、6、9のグループ

1、5、7のグループは
自分自身で物事を判断でき
自分の志向を把握している
アクティブで行動も早い

2、4、8のグループ
よく考えてから行動し
確実に成果をあげようとする
ビジネスセンスは高いが保守的

3、6、9のグループ
変化に対して臨機応変に対応する
柔軟でしなやかなセンスを持つ
直観力に富み楽観的

同じコンコードに属するから
相性がいいということではない

自然に集まりやすいのだが
時には排他的になることも

成長を求めるにはやっぱり
違う種も必要

いろんな人がいて。。。
世界はおもしろい!





2018_06_05

何通り?

category: Numerology  

現代数秘術でよく見る数字は
だいたい8種類

Life Path Number(12)
Destiny Number(12)
Soul Number(12)
Personality Number(12)
Maturity Number(12)
Birthday Number(31)
Intensity Number
Life Lesson Number

組み合わせのパターンを見るなら
Intensity Number
Life Lesson Numberは除外

どちらも必ずしも1つではない
これをパターンに入れると
地球上の人口より多くなる(笑)

全て1〜9、11、22、33の12種類
Birthday Numberは31種類

Birthday Numberは本来
1桁にして見ることが多いのだが

そもそも生日そのものが
マスターナンバーだったり
カルマナンバーだったりするから

できるだけそのまま見たいと思い
31日全てをそのまま採用した

これで、7,713,792通り
全く同じ組み合わせになることは
極めてマレ。。。

同じ組み合わせの人に
会ってみたい気もするが。。。(笑)

これだけの数字をきちんと読めたら
自分のことが全てではなくても
かなりよく分かるはず!!!

同じような人がいないことも
理解できる(笑)

数字を見るのが楽しくなるかも




2018_06_04


4つのコアナンバーの調整役ナンバー
ブリッジナンバー(橋渡しナンバー)
計算方法は簡単

数字は全て1桁にする
各ナンバーの大きい数字から
小さい数字を引く

例えば私の数字なら
LP11は2にして、LP2−D1=1
LPとDのブリッジナンバーは1

LPとDのギャップから生まれる
葛藤の解決に手を貸してくれる
それが1ということ

引き算をするから9はない
0から8までの数字になる

LPとS、LPとP、DとS、DとP、SとP
全てのナンバーを見ることができる

Bをコアナンバーとするなら
Bと他のナンバーとの差も見る
これも数秘術師によっていろいろ

ここに出てきた数字を意識し
旨く使うことで
矛盾の葛藤から解放される

その数字がギャップによる葛藤に対して
何を意識したらいいか教えてくれる

これも今まで出てきた数字と
併せて見るとなると。。。
かなりのボリュームになる

加えてこの数字を読むのは
他の数字を見ながらになるから
ちょっと難しいかもしれない

この数字単体で見ても意味がない
2つの数字の意味と併せてみるもの

それでも見てみたいと思う人は
頑張ってみてみて(笑)






2018_05_18


ライフレッスンナンバー(以降LL)は
協会や団体、数秘術師によって
読み方がいろいろ。。。
ここで2種類紹介してみよう

コアナンバーにLLと同じ数字がある場合
●資質として持っていないから苦しい
●本当は得意なのに苦手だと思っている

読み方によって随分変わってくる
どちらが正しいとかではない
読み手がどう捉えるか
そして受け手がどう捉えるか

LLは苦手なままでいいのか

答えがYesなら。。。
そもそも持っていないもの
得意な人に任せればいい

パートナーや友人が
その数字を持っていれば
フォローしてもらえる

答えがNoなら。。。
コアナンバーにその数字があるなら
とっても生きづらいってこと

パートナーや友人が
その数字を持っていれば
その人を理解するのが難しい

他にも捉え方はあると思うが
自分で見るならしっくりくる方
気に入った方を採用すればいい

個人的には両方採用
苦手なものは仕方がないが
理解できるにこしたことはない

そして互いに補い合える。。。





2018_05_17


苦手なこと、弱みを表すナンバー
ライフレッスンナンバー(LL)

名前を数字に変換した時に
全くない数字、名前に含まれていない数字
ちょっと見方が難しいかも

その人に不足している要素、未発達
弱点を示しているのだが
本人は人より劣っていると認識している

コンプレックスを感じやすいこと
聞きたくない耳が痛いことがそうだ

資質として持っていないことを示すが
前世から引き継いでる課題とも言える
前世でクリアできず持ち越した課題

コアナンバーに同じ数字があるなら
本当は持っているのに
持っていないと思っている

気づいてないのか、避けているのか
いつか向き合うことになる

コアナンバーに同じ数字がないなら
諦めてもいいかもしれない

どこにもないナンバーは理解しがたい
受け入れるのは難しいかもしれない
でももしパートナーや友達が持っていたら

自分が持っていて相手が持っていない数字は
あなたがフォローしてあげられる
相手が持っていて自分が持っていない数字は
相手にフォローしてもらえる

もちろんそこまでの信頼関係があればの話
もしかしたらその部分が理解できず
お互いに苦しい思いをするかもしれない

苦手なものとして片付けず
努力して得意分野に持っていくことも
十分可能である

苦手にフォーカスしないで
可能性にフォーカスしてほしい





2018_05_17


得意なこと、強みを表すナンバー
インテンシティーナンバー(IT)

名前を数字に変換した時に
たくさんある数字、比率の大きい数字
自分の名前だから得意分野は明らか

Bは子供の頃からたやすくできたこと
ITは自分は得意だと分かっていること
意識して使うこと

同じ数字が5つ以上あるなら
きっとそれは大得意!

名前の文字数が少ない人は
比率(%)で見て大きいもの
これがかなり得意なこと

コアナンバーに同じ数字があるなら
なおさらそれが強調される
強すぎることもあるだろう

ただ、今それを活かして生きているか
それはまた別の話

コアナンバーに同じ数字がないなら
苦手意識があるかもしれない

本当はそれは得意なことなのに
気がついていなかったり
思い込みでさけていたり

色んな数字が同じぐらい
まんべんなくあるなら
臨機応変になんでも対応できる
オールマイティな能力の持ち主

これも数字がたくさんありすぎて
ややこしくて面倒と感じたら
メインの4つだけを見るといい

得意なことではあるが
あくまでもサポートナンバー
機にする余裕があれば使えばいい

せっかく持っている得意分野
知らないよりは知っている方がいい






2018_05_16


LPをサポートするナンバー
バースデーナンバー(B)

バースデーは直訳も何も『誕生日』
それ以外にない。。。
但し、ここで見るのは生まれ日だけ

生まれた日を足して出す数字だから
その人がもともと持っているもの
何かにつけて助けとなる数字

人生を歩んでいく過程で
その人の才能を開花させ、発展させたい
そんな時に助言してくれる

自分が子供の頃からたやすくできたこと
自然な感情や衝動によるもの
これはこのナンバーが示すもの

LPという料理にBというスパイスを
加えて味を整えるという感じ
これじゃ分からないか。。。(笑)

数字の持つ意味から
これは自分じゃないと思うなら
自分がたやすくできてしまう才能を
否定してしまっている可能性が高い

過去生からの影響であったり
対外的な自分に特に生きてくるから
『こんな才能も持っているのだ。。。』と
サラッと受け入れるといい

うまくいかない、スランプかも。。。
なんだかモヤモヤしてスッキリしない
そんな時はこのナンバーを意識して

数字がたくさんありすぎて
ややこしくて面倒と感じたら
メインの4つだけを見るといい

年齢が進めばMを加える
とりあえずこのBは見なくてもいい
あくまでもサポートナンバー

意識するかどうかは自分で決めればいい
本人の気持ちの問題





2018_05_15


35〜40歳頃に実感し始めるナンバー
マチュリティーナンバー(M)

マチュリティーは直訳すると『成熟』
そのまんまだ。。。
人生の後半に重要な意味を持ってくる

とは言っても先の4つのナンバーが
なくなるわけではない
このナンバーも加わるということ

これまでに経験をした
または経験しなかった結果
それを活かしていくこと

この数字の要素を取り入れ
人生の後半をプロデュースする
そんな風に受け止めるといい

これまでの経験を活かして
次の世代に何かを伝えていくこと
これは誰もが果たす使命

数字の持つ意味から
これは自分じゃないと思うなら
人生に新たな経験を加えることを
期待されているということ

人生には変化はつきもの
恐れや警戒や躊躇もつきもの
『こんな展開もあるのか。。。』と
少し楽観的にみるといい

LPという才能を活かして
D行動目標に辿り着き
Sという充実感を得たことで

もっと極めなさいということか
今までとは違ったアプローチか
全く新しいことを始めるか

素直にその数字を受け入れたら
より磨きがかかった才能が発揮され
別の輝きを放つ人生になる

どんな人生をプロデュースするか
全ては自分次第




2018_05_14


人の表面を作っているナンバー
パーソナリティーナンバー(P)

パーソナリティーは直訳すると『個性』
分かりやす言葉だ。。。
実際は逆かもしれない

ペルソナナンバーとも言われ
先の3つのナンバーを充実させるため
必要な個性といったところだろうか

それが数字で表されている
社会で自分の人生というステージで
どんな衣装を身にまとうか

この数字は自覚していないことが多い
対外的な要素を表す数字だから
社会的に都合がいい衣装

要するにどんな人に見えていたら
最速で目標達成できて
最高の満足感を得られるか

数字の持つ意味から
これは自分じゃないと思うなら
自分を客観的に見ることが
できていない可能性が高い

ただし、人に聞くと『その通り!』と
言われるのがこの数字
『自分はこういう印象なのか。。。』と
人から見た自分を知っておくといい

LPという才能を活かして
D行動目標に辿り着き
Sという充実感を得るため衣装

おまけ的に見られがちなこのナンバー
実は結構重要なもの
だって第一印象はこれだから

中身と真逆な人もいるわけで
真逆の第一印象になる
でもそれが必要な衣装ということ

まずは自分の衣装を知ること
そこから何かが見えるかもしれない





2018_05_11


隠れメイン、影のドンのナンバー
ソウルナンバー(S)

ソウルは直訳すると『魂』
難しい言葉だ。。。
実際そうかもしれない

心の奥底でものすごく望んでいる
心がホッとすること
隠れていて分かりにくいかもしれない

それが数字で表されている
無意識に求めているもの
はっきりと分かりにくいもの

楽しいことがたくさんあるのに
何となく物足りないと感じたら
魂が満足していないというサイン

どんなにLPとDが充実していても
Sが充実は得られない
頭の満足と魂の満足は別のこと

数字の持つ意味から
これは自分じゃないと思うなら
自分の本当の欲求を
否定している可能性が高い

静かにジワーッと湧いてくる
穏やかな安心感のある喜び
『これが喜びなのか。。。』と
魂の満足感を知るといい

LPという才能を活かして
Dという行動目標に辿り着き
Sという充実感を得る

こうなると無敵だ
数秘術なんて必要ない
そのまま人生を謳歌するといい(笑)

なかなかそうはいかないのが現実で
心の奥底で密かに存在する魂の欲求
そのヒントをこの数字から得られる

まずは気づくことが大切
そこから魂を満たす方法を模索できる





2018_05_10


先日、4つのナンバーの出し方を
紹介したのだが
残りのナンバーの紹介を

マチュリティーナンバー
ライフパスナンバー(LP)と
ディスティニーナンバー(D)を足す

LP11、D9なら → 1+1+9=11
1桁になるまで足す
但し、11・2233はそのままにする


バースデーナンバー
誕生日の日付のみ
2桁なら1桁になるまで足す
但し、11・22はそのままにする


インテンシティーナンバー
ライフレッスンナンバー
山田 太郎
YAMADA TARO
714141 2196

この時、一番多い数字が
インテンシティーナンバー
全くない数字が
ライフレッスンナンバー

これで8つのナンバーを
すべて計算できる
あとは結果を見るだけ。。。





2018_05_09


2番目のメインナンバー
デスティニーナンバー(以降D)

デスティニーを直訳すると『運命・宿命』
重い言葉だ。。。
でも実際はそうでもない

何も考えずに当たり前のように
自然にあるいは衝動的にとる行動
生涯を通して目指していくもの

それが数字で表されている
避けても向こうからやってくる役割
あなたがたどる運命を表すものではない

例え苦手だと感じたとしても
この数字は避けずにむしろ活かして
行動することが一番輝ける生き方

どんなに避けてもまた別の場所で
別の形で必ずやってくるポジション
好きか嫌いかはまた別の話

数字の持つ意味から
これは自分じゃないと思うなら
自分が輝けない道を
選択してしまっている可能性が高い

本来はウキウキ、ワクワクする
行動の原点になる数字
『こんな瞬間が好きなのか。。。』と
自分を客観的に見てみるといい

LPのヒラメキを持って
Dのトキメキを行動に移す
これは最強のエネルギーになる

この数字は行動という形で
表に現れてくるため
比較的分かりやすいだろう

数字の意味が分かったら即行動
受け入れられないとか頭で考えず
素直に受け入れ行動した方がいい

自分が変われば周りが変わる
自分が置かれる状況が好転し始める





2018_05_09


サイクル(周期)は。。。
数秘術では9年
六占星術では12年
西洋占星術は27年(プログレス法)
タローデパリは22年

サイクルはそれによって
いろんなサイクルがあるから
当然1の年が違う

この辺りは都合よく利用して
何度もスタートすればいいい(笑)

1の年で種まきできなかったと
嘆くことはない

それでモチベーションが
上がるなら個人的には
OKだと思っている

それに。。。おそらく
1の年で何かしら
無意識に種をまいている

顕在意識でその年が
1の年だと知らなくても
潜在意識では知っている

生まれてくる日も場所も
自分で決めているのだから
その時点でサイクルも決まる

何でも1の年に始めないと
いけないわけではない

ねばならないことなど
何一つないのだから

でもよく思い返してみてほしい
何かのきっかけになることを
きっと始めているはず

とても小さいことであっても。。。





2018_05_08


1番のメインナンバー
ライフパスナンバー(以降LP)

ライフパスを直訳すると『人生の道』
硬い言葉だ。。。
ライフパスの方がいい

何も考えなくても当たり前のように
自然にできてしまうこと
持って生まれた資質

それが数字で表されている
性格を決定づけるものでも
人生を決定づけるものでもない

この数字のように人生を生きると
一番自然に自分らしく
人生を生きられるとというもの

持って生まれた資質だけれど
今現在、それを活かして
生きているかどうかは別の話

数字の持つ意味から
これは自分じゃないと思うなら
本来の自分を押さえつけて
生きている可能性が高い

苦手な人がいるならその人の
LPを調べておくと
『この人はこういう人だ。。。』と
受け入れやすいかもしれない(笑)

もっとも調べるには生年月日という
プライベートな情報が必要だから
そう簡単ではないが。。。

数秘に関係なく言えることだが
人の数だけ常識と正しさがある
みんな違うのだ

この違いを受け入れやすいタイプと
受け入れにくいタイプがいる
それも数字に現れる

自分はこんな才能を持っていると
サラッと受け入れるのが一番いい





2018_05_08


自動計算してくれるサイトが
世の中にはたくさんあるから

手で計算するよりも
そこで計算する方がいい

計算方法を一応、紹介するが
私が気に入っているサイトも紹介

ちなみにこのブログで扱う数字は
ルートナンバー :1〜9
マスターナンバー:11・2233
カルマナンバー :13・14・16・19

現代数秘術だけではなく
カバラ数秘術の数字も
計算結果の1つ前の2桁の数字も
すべて計算してくれる

名前を数字に変換するのは
『ピュタゴリアン・システム』と
呼ばれているもの

1 2 3 4 5 6 7 8 9
a b c d e f g h i
j k l m n o p q r
s t u v w x y z

名前を変換するときは注意
ヘボン式で変換

ライフパスナンバー
生年月日を1つずつバラバラにして足す

1980年11182日生まれなら
1+9+8+0+1+1+1+8=29 → 2+9=11
1桁になるまで足す
但し、11・2233はそのままにする


ディスティニーナンバー
上の『ピュタゴリアン・システム』で
名前を数字に置き換える

山田 太郎
YAMADA TARO
714141 2196
7+1+4+1+4+1+2+1+9+6=36 → 3+6=9

ソウルナンバーは上記の母音だけを足す → 1
パーソナリティーナンバーは子音だけを足す → 8

ここで出した自分の4つのナンバー
ライフパスナンバー
ディスティニーナンバー
ソウルナンバー
パーソナリティーナンバー

これは覚えておくと
いろいろチェックしやすい

あちらこちらの数字の説明を
チェックしてみてもいいかも




2018_05_07


マンスリーメッセージは
今までは社会的な数字で
書いていたのだけれど。。。

来月からは個人サイクルも見て
メッセージを書こうと思うから
計算方法をお知らせ

社会サイクル
ユニバーサルイヤーナンバー
例えば、2018年なら
2+0+1+8=11 → 1+1=2
2018年は2(11)の年

ユニバーサルマンスナンバー
例えば6月なら
2+0+1+8+6=17 → 1+7=8
2018年6月は8の月

個人サイクル
パーソナルイヤーナンバー
今年の自分の誕生日で計算
例えば、12月9日生まれなら
2+0+1+8+1+2+9=22 → 2+2=4
2018年は4(22)の年

パーソナルマンスナンバー
6月なら
4(22)+6=10 → 1+0=1
2018年6月は1の月

1桁になるまで足す
毎年、毎月、1つずつ増えていく

現代数秘術なら計算方法は
どこのサイトでも同じ

カバラ系は違う場合があるから
各サイトで確認してみて





人気ブログランキング






2018_05_05



プロフィール

日向井 レイ

Author:日向井 レイ
自分のことを知りたくて見始めた数秘。自分の数字が分からなくて、数秘ジプシーをすること数年。やっと重い腰をあげて、本格的に数字を向き合うことに。
LP11, D1, S4, P33

オーラソーマ

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top