FC2ブログ


数字の神秘

category: History  

数秘術の歴史で必ず出てくる名前
それがピタゴラス

試験で優秀な人材を集め
ピタゴラス教団を作ったが
入るには難しい試験があったらしい

彼は数秘術師ではなく数学者
秘密主義で教団内のことは
一切外に漏らされなかったとか

数の神秘主義を唱え始めたのは
ピタゴラスだとされている

彼は民衆に殺されるのだが
その後、教団は数学グループと
神秘主義グループに分裂

ピタゴラス学派の人たちは
数学的な発見もしたのだが
神秘主義的な発見もした

数字を性別に分類したりもした
奇数は男性、偶数は女性
そして10は聖なる数字

何もない時代に大きな発見をした
とても偉大な師匠と弟子たち

大勢から尊敬されていた分
大勢から恨まれていた

そんな時代に数字の神秘が
発見されたということ

数字は何かを語っている
ただ語るだけ。。。
そこに余計な感情はない

余計な感情は人間の側にある
数字を見る人間の側に

どこまで感情を排除して
数字がもつありのままの
バイブレーションを感じられるか

偉大な人は悪い噂もたくさんあるね(笑)



関連記事

2018_05_04

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

日向井 レイ

Author:日向井 レイ
自分のことを知りたくて見始めた数秘。自分の数字が分からなくて、数秘ジプシーをすること数年。やっと重い腰をあげて、本格的に数字を向き合うことに。
LP11, D1, S4, P33

オーラソーマ

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top